FC2ブログ

お留守番キライ

セキセイインコの写真

良いインコでした!

深夜0:22にヒロちゃん永眠。
最期は苦しむことなく、5回ぐらい呼吸時に異音がした後、息を引き取りました。
しっかり看取ってやることができました。
ヒロちゃんはその時間を計っていたようでした。
13年半も一緒に暮らしているから、頃合いがわかったのかな。

本当に良いインコでした!
性格も穏やかで噛まれた記憶がありません。
さすがに高齢になってからは病院にかかることが増えましたが、それまでは医者知らず。
ただ、ちょっと太ってはいたみたい。
「みたい」というのは、飼い主からは太っているというよりガッシリした体型だと都合良く見ていました。
最近病気でやせ細ったヒロちゃんを見ていて、過去の写真を見返したら、やっぱり指摘されていたように太ってるね。

過去の写真や動画を見ていたのは、ヒロちゃんが亡くなった直後に寝られるはずがなかったから。
久しぶりに見た過去の動画は、いつもの陽気で楽しそうなヒロちゃんばかりでした。

この1か月位の闘病中のヒロちゃんは別鳥のようでした。
なので、亡くなった時には、ヒロちゃんが苦しみから解放されてホッとした気持ちと、寂しい気持ちが入り混じっていました。
まだいなくなってしまったという実感が湧かず、寂しさはこれからなのかな。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1か月前頃から、足の具合が悪そうで、何かで痛めたのかな?と思っていましたが、体重も減ってきていました。
また、人のそばにいたがって、頭を掻かせてくれたりしたので(健康な時は触られるのをのを嫌いますね)、弱っているのかなと嫌な予感がしました。
お世話になってきたリトルバードで診て頂くと、最初は腎臓が悪いと思われるとの診たて。
2回目には痛風との診断でした。
痛風は、10歳以上の高齢のセキセイインコに多いらしく、予後はなかなか厳しいようで、病状は徐々に悪化しました。
発作的に苦しむことも度々あり、その度にもう死んでしまうかもと思ったほどでした。発作が治まっても、ぐったりしているので、もういよいよかと、何度も別れの挨拶をしたものです。
しかしその後、気づいてみると、平然と粟穂を食べているようなことが何度かあり、ホッとするやらあきれるやら…
また、先生から、発作は脳の方の問題かもしれず(腎疾患とも無関係ではないようですが)、見た目ほど苦しいかはわからないと言われました。
ただ、痛風の痛みは、痛みに強いといわれる鳥にとっても相当のようで、足が痛そうなのもかわいそうでした。
段々歩くのもままならなくなってしまいました。その姿は本当にかわいそうでした。
本鳥も不安なようで、やたら手に乗りたがって、プラケースに手を入れるたびによじ登ってきていましたが、日に日にその足の力が弱くなってきているのがわかりました。

このような闘病生活だったので、苦しまないことが一番望むことでした。
もう13歳半だから、これ以上頑張らなくていいと。
病院に連れて行っていたのは、一縷の望みもありましたが、むしろ症状緩和のためでした。

実際、亡くなって、割と穏やかでいられるのは、以上のような経緯だったからだと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

この1か月なるべく一緒にいてやり、負担にならない程度に、手に乗せたりしていました。
元々、大人しく手に乗っているようなインコではなかったのですが、皮肉なことにこんなふうになってからベッタリとくっついてきました。
別れの時間が十分ありましたし、最期を安らかに迎えさえてやることができ、悔いることは何もありません。

これ以上ないインコライフだったと自負しています!

13年半、ヒロちゃんと過ごせて幸せでしたし、ヒロちゃんも、飼い鳥故、大空を飛ぶことはできなかったけれど、長い間楽しく暮せたのではないのかな。

また、大空を飛んで移動はできなかったけれど、ネット(動画)で世界中に知られるようになりました(Gif含め)。これはスゴイことです(本鳥は知る由がありませんが)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今日は、帰宅後、ヒロちゃんを埋葬し、カゴやケース等を洗い、意外に淡々と過ごしています。

明日からちょっと忙しく、そういう意味でも絶妙なタイミングでした。

これから、ふとした折に寂しさを実感するのかもしれません。

少し落ち着いたら、また、お気に入り写真や、未公開写真、動画などアップするかもしれません。

早速コメントも頂き、ありがとうございます(お返事は後ほどゆっくりさせて頂きます)。

心配して頂いたり、見守って頂いた方、ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2018/10/10(水) 21:06:20|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:6

安らかに

ヒロちゃん、2018年10月10日0時22分に安らかに眠るように亡くなりました。

うちに来て13年半、ずっとずっといい子でした。

最期も、ゆっくりお別れができる時間に息を引き取りました。

まったく苦しむことなく… お祈りしていてくださった方がいたとしたら、ありがとうございました。

とり急ぎご報告のみ。
  1. 2018/10/10(水) 00:44:33|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:6

そろそろ

今日、ヒロちゃんは餌をほとんど食べられず、かなり衰弱がひどく、いよいよかもしれません。

よく頑張ってくれました。

今からしばらく一緒にいると思います。

こんな更新で申し訳ありませんが、長年ブログをやってきたのもヒロちゃんがいてくれてのことです。

ヒロちゃんが苦しまないよう、祈って頂ければ幸いです。




  1. 2018/10/09(火) 23:12:54|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:0

経過

まず、ヒロちゃん、今も頑張っています。


これまでの病気の経過を書きたいと思います。

9月に入った頃から、体重が激減して、ついに30gを切ってしまいました。
半年前は40g位あって、ダイエットを勧められていたのですが、春から夏にかけて緩やかに減ってはいました。
でも普通に元気にしていたので、まあ歳のせいで以前ほど食べなくなり、労せずして痩せたと思っていました。

ところが今月に入って徐々に足の具合が悪くなり、体重の減り方も1週間に2~3gと普通じゃないので、受診することにしました。

診察によると、腎臓が悪いと思われるとのことでした。
薬と、腎疾患用のペレットを勧められ、毎日与えていますが、ペレットは食べたことがないので、案の定食べてくれません。
まあそれは無理もないです。

腎臓に来たのは高齢ゆえで、仕方ないようですが、まだ治療の余地はあるようなので、先生も「やれることはやりましょう」といった感じで、まだ少し前向きになれました。
ただ、急に死んでしまうこともあるとのことでした。
また、足が悪くなったのも腎臓からきているそうです。

診察から数日経った頃、発作を起こしているのに気づきました。
呼吸が苦しそうで、身の置き所がないように苦しんで、どうしてやることもできず、このまま死んでしまうのかなと思いましたが、10分ほどで治まり、その後ぐったり寝ていました。

このような発作が何度かあり、発作後はかなり衰弱して見えたので、そのたびにもうダメかと思い、別れの言葉をかけていました。
意識のあるうちに、「よく頑張ったね」、「ヒロちゃんいい子だったね」、「うちに来てくれてありがとう」、それからよく話していた言葉等々…。
本当にこれでお別れかと思ったので、涙ながらに語りかけていました。

が、それからプラケースに戻して少しして見ると、粟穂をガツガツ食べるヒロちゃんの姿が…(^_^;)

そんなことが何回かありましたが、それでも発作はいつも辛そうで、かわいそうでした。
体重もどんどん減り、足もますます不自由で思うように動かなくなりました。

とにかく苦痛のないよう、発作を何とかしてやりたいと、再度診察に連れて行きました。
そこで、やっぱり「痛風」と診断を下されました(前回もその疑いはあったようです)。
高齢のセキセイインコに多いようです。
発作は、脳からきていると思われるそうです。
腎臓と脳は関係がなさそうに思えますが、どういう機序かはわからないけれど無関係ではないそうです。
ただ、救いだったのは、はたからは苦しそうに見えるが、そう見えるのであって、本人はそれほどではないかもれいないとのこと。
話せないからわかりませんが、たしかに普通の様子ではないので、意識がちゃんとあるのかわかりません。
ただ、痛風はやはり文字通り痛いようなので、それはかわいそう。
痛みや発作を緩和する薬を処方してもらいました。

その後、発作はありますが少し頻度や強さは減ったかな。
少し対処も慣れました。
前は可哀想で、治まって寝てしまうまで手に乗せて、二人(?)で耐えていましたが、最近は兆候が見られても、プラケースに入れたまま放っておいて(出たがっている様子ですが)、やはり数分で落ち着いているようです。

それにしても、もう何度お別れをしたかわかりません。

こんな状態が2週間ぐらい続いています。

とにかく安静第一だそうです。

写真を載せようかと思いましたが、長くなったので今回は文章だけにします。


Youtubeに21日に撮った動画をUPしたので、そちらを載せますね。





※コメントをありがとうございます。励まされています。
 このような状況なので、お返事は失礼しますが、本文の方で状態をご報告させて頂きます。

  1. 2018/09/29(土) 18:37:19|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:4

痛風

2度目の診察での診断は、痛風とのこと。
高齢セキセイインコに多い病気です。
それで足に麻痺等障害が出てきてしまっているようです。
突然命を落とす可能性もあるそうですが、一応食べてはいるし、今すぐどうということはないようで、少しホッとしていますす。

発作的なものは、脳から来ているかもしれないとのこと。

痛風の痛みや諸症状を緩和する薬をもらってきました(やっぱりお医者さんは頼りになる!)。

少し安心したのは、人間にはつらそうに見える症状でも、鳥にとってはさほどではなかったりするようです。

とにかく今のヒロちゃんにとって大事なのは安静とのこと。

とりあえず診察のご報告まで。
  1. 2018/09/22(土) 18:58:30|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー