お留守番キライ

セキセイインコの写真

老鳥♂の宿命(追記あり)

この10日ほどニックンの具合が良くないので、小鳥の病院(リトルバード)に連れて行きました。

主症状は、体重激減(40→35g)、膨羽、しょっちゅう餌を食べているか口をパクパクしていることです。

私が寝る前に心配でカバーの中をのぞくと、暗闇の中、餌をむさぼり食べていることが多く、異様なほどの食欲ですが、その割にどんどん痩せています。


このような訴えに、触診と便の検査の結果、先生がおっしゃるには、おそらく精巣腫瘍になって来ているのでしょうとのことでした。
そのおもな理由は、触診によると骨盤が開いていること、ろう膜の色のメス化です。あと7歳半過ぎという年齢。

この病気ばかりは、「寿命というか、オスのセキセイインコの宿命のようなもの」とおっしゃっていました。

精巣腫瘍は治ることは難しいようなので、あとは苦痛がなく暮らせるようにしてあげることしかできないようです。
今のところ、まだ末期というほどではないようで、一応緩和するような薬をもらってきたので、症状が楽になればいいなと思っています。

ニックンの弟もお父さんも、それぞれ去年、先月と、同じ病気で落鳥したばかりなので、少し嫌な予感はしていたのですが…やはりショックです。

ちょっと前までは本当に元気だったのに。


保温をするように言われましたが、「エアコンで28度設定」というのは、人間には暑すぎて無理です。
でもそのようなことを言っても取り合ってもらえないような、鳥本位の先生なので(笑)、まあ、できる範囲で何とかするよりありません。
不在時のペットヒーターのつけっぱなしは、やはりお勧めしないとのことでした。エアコンが一番安心とのことです。



心配していた中で一番良くない結果を突き付けられてしまいました。
本人はもちろんそんなことは知らず、当然ながら一生懸命生きていますから、少しでも苦痛なく過ごしてやれるようにするよりありません。

さすがに通院は疲れたようで、帰宅後はしばらく頭を背中に突っ込んで真ん丸になって寝ていました。


なおこれからまた私自身が少し忙しくなるのと、写真をメインにしてきたブログとしては闘病記はそぐわないので、しばらくあまり更新できないかもしれません。
また何か変化があったり、他の方にも有益な情報があった場合等には、書きたいと思っています。





<追記1101>

夏の頃の画像ですが、やはりろう膜がメス化しています。
s-DSCF6091t.jpg

前回載せたように最近の方がむしろ茶色→白に戻っていますが、繰り返すようです(本来ハルクイン♂はピンク色)。

このように、ろう膜が茶色(もしくは白)っぽくなったら精巣腫瘍が疑われますが、そうだとしても治療法がないので、特に症状がないうちは病院に行くことはないと思い、連れて行っていませんでした。
また、レントゲンなど詳しい検査をしないと、確定はできないと思います(先生はたくさん診て来ているので長年の勘でわかるので大体わかるのでしょうが)。

2年前に原因不明の食欲不振で入院した際にも、ろう膜が茶色っぽくなったので、その時にすでに多少兆候があったのでしょう。しかし、その時は何よりもまず“食べられない”という緊急事態だったので、精巣腫瘍のことについてはほとんど触れられませんでした(あったとしても軽かったのでしょう)。

今回、具体的に症状として表れてしまったので診せに行くことになりましたが、薬がどの程度効くのかはまだ不明です。



「セキセイインコの宿命」と言われましたが、飼い鳥ならではのことなのでしょうか…

可愛がって構い過ぎたり、過保護にしている以上、過発情は避けられないのでしょう。
適度にほったらかしにして、あまり構わない方がいいのかもしれませんが、それでは飼っている意味がない…と考えてしまうのは、人間のエゴかもしれません。
もっとも生き物を飼うこと自体が人間のエゴともいえます。
まあ今更こんなことをいってもしかたがありません。
生まれた時からほぼ一緒にいます(一時よそのお家に養子に行きましたが)。
最後まで苦痛なく幸せに過ごさせてやりたいです。





スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 23:29:29|
  2. ニックン
  3. | コメント:6
<<その後の経過 | ホーム | 心配>>

コメント

そうですか…
かける言葉がみつかりませんが
とにかくニックンが幸せな毎日を過ごせますよう
心からお祈りします。

うちのリバティも、とても綺麗な青いろう膜をしていたのですが、去年からすっかり茶色になっています。
リバティも5歳半…
今は元気に見えても、突然体調が悪くならないかと
心配です。

2008年に虹の橋へ旅立った、うちのピース君も、
自慢の青いろう膜が、いつからか茶色になり
その後数年で発病しました。
でも、闘病生活の間に、また綺麗な青に戻りました。

Pipiさんのお気持ちが痛いほどよくわかります。
一瞬一瞬を心に刻んで、大切な時間を
お過ごしくださいね。
  1. 2013/11/01(金) 13:04:25 |
  2. URL |
  3. Ponpon #SnvFtGfw
  4. [ 編集]

Ponponさん

コメントありがとうございます。
本当にセキセイのオスには多いようですね。
リバティ君も心配ですね。
ニックンも、上で書いたように、最初にろう膜の色が気になったのは、2年前に別件で入院した時以前のことなので、経過は長いといえます。
ピース君も経過は長かったようですね。
実際精巣腫瘍でなくてもろう膜異常は起こると何かで読んだ気がするので、いつから始まったかわかりません。
本当にちょっと前まで元気だったのが、急に…でしたから。

先生の言うように宿命といわれるくらいよくあることのようで、セキセイ飼いとしては残念です。

薬のおかげか、今日は少し楽なのか体重も36gに増えていました。膨らみもややマシのようです。相変わらず、食べてばかりですが…(笑)。
  1. 2013/11/01(金) 23:12:40 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

残念な診断結果となってしまったのですね…。

私も、飼い主さんが好き好き過ぎたりするとなってしまうと言われたました。
うちの残った子の方もレントゲンで大きくなっていることがわかっています。

昨年に亡くなった子は、やはりオイルヒーターなどで室温28度から30度にしても寒そうで、それ以上熱くするには、保温電球をサーモ利用して使うしかありませんでした。

ブログ村を見てみると、ホルモン剤を飲ませて治療されているいんこさんがいますので、先生にそれを話してみようと思います。
先月鳥類の学会がありましたし、最新情報を聞いてきて、お伝えできたらと思います。

ニックン、お薬が効くといいですね。
Pipiさん、保温は悩ましい問題ですが、いい方法が見つかるといいですね。
飼い主としてお互い頑張りましょう。
  1. 2013/11/02(土) 13:22:24 |
  2. URL |
  3. 流れ星 #Cc4CM0pw
  4. [ 編集]

流れ星さん

コメントありがとうございます。

発情させすぎると…というのは仮説だと思うのですが、飼い鳥はどうしたって、快適な環境に常に置かれているので仕方がないですよね。
野生で多い病気や死因、寿命など調べることは不可能だと思います。
飼い鳥の宿命なのかなぁ…

流れ星さんのところも、心配ですね。

保温は各家庭に合ったやり方が良いのでしょうね。
うちは比較的家族が在宅している方なので、今のところペットヒーターとエアコンを使い分けていますが、ニックンだけ効率よくしっかり保温したいと思うと工夫が必要です。

薬はどういう処方だったんだろう…?
具体的には聞いてきませんでした。
信頼しているので、お任せ状態です。
人間の薬だと自分で調べられますが、調合されているのでわかりません。
でも少し状態は良いようです。

お互い、鳥と二人三脚(?)で頑張りつつ、幸せな時間が長く続きますように。
  1. 2013/11/02(土) 20:22:16 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

昔はセキセイインコは
5~6年が寿命だったと思いますが
最近は薬や病院もあり10年生きる子も
珍しくないですよね。
ニックンも8歳、9歳と無事誕生日を
迎えれるといいですね。
気のきいた事言えなくてごめんなさい。
ニックンが一日でも早く元気になりますよう
心からお祈りいたします。
  1. 2013/11/03(日) 21:31:59 |
  2. URL |
  3. よっさん #-
  4. [ 編集]

よっさん

ありがとうございます。

この病気は治療が難しいようで、ガッカリしています。
薬のためか、少し楽そうなのと、体重も元に戻りつつあるので、すぐにどうということはないように思いますが…
でも本調子とは言えないので、少しでも苦痛なく過ごさせてやりたいですね。
  1. 2013/11/04(月) 10:59:46 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー