お留守番キライ

セキセイインコの写真

闘病生活

いっぱいご飯食べてるよ

s-DSCF6395.jpg

s-DSCF6389.jpg



少し足の調子が良ければ羽繕いもするよ

s-DSCF6397.jpg

幸い、餌はよく食べ、体重は37gをキープしています。




カゴ全体はこんな感じ。
その日その日の状態などにより、多少チェンジしますが、今現在は、60Wペットヒーター+サーモスタットで保温し、周りを梱包材で断熱。
さらに段ボールの中に入ってもらっています(足が不自由になってしまったのであまり動き回りません)。
部屋も常時エアコンをつけていますが、密閉しないと、なかなか理想とされる28℃までにならないので、こんな具合になっています。
手前の黒いのは、ペットヒーターオフ時(留守の時)に入れたりする湯たんぽ。

s-DSCF6382.jpg

s-DSCF6378.jpg

s-DSCF6380.jpg

s-DSCF6385.jpg

なんかお隣の住人が気になっているみたいですね。
気がついたら上の写真でもちょこちょこ写っています(笑)。





精巣腫瘍とは、ネットや本で調べた限りでは、やっぱりなかなか厳しい病気のようです。

ただ、進行は年単位とゆっくりではあるようです。
初期はやっぱりろう膜の異常が多いようですね。
そういう意味では、ニックンも年単位だったのでしょう。
本当に症状が顕著に悪化したのはこの1か月のことなので。


ネットで調べてみると、近年手術で成功例もあるようです。
ただ、実際は、リスクが大きいとのことなので、成功率がどのくらいなのか…?
また出来る病院はかなり限られています。

ニックンの場合は7歳半超えているので、先生には寿命のように言われてしまいました。
確かに手術しているのはもっと若い鳥が多いようです。
でも、同じくらいかもう少し高齢で手術を受けている例もなくはないようです。

個体差もあるでしょうしもちろん進行具合によっても成功率は変わるのでしょう。
ニックンほど悪くなってから治った例があるのか…

でも逆にいうと、精巣腫瘍でももっと初期のうちに、元気なうちに、リスクの高い手術を受ける勇気のある飼い主さんは少ないのでは、と思います。寿命を縮めてしまう可能性もあります。

手術は、費用はかなり掛かるようですが、もし助かる可能性があるなら…という気持ちもあります。
でも、通院自体かなり鳥に負担がかかるので、今の状態では厳しい気もします。


このところ具合が悪くて、足にまったく力が入らず、ペッちゃんこになって寝ていたので、可哀想で何とかできないかと調べたところ、上記のような最近の事情がわかりました。

また、この病気と診断されてから、いくつか闘病記ブログも読みました(改めて大変な病気だと思いました)。

今日は昨日より具合がよさそうで、何とか持ち直してくれないかなぁ、奇跡を起こしてくれないかなぁと願っています。




スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 17:22:26|
  2. ニックン
  3. | コメント:4
<<保温&お見舞い | ホーム | その後の経過>>

コメント

ニックン、頑張っていますね…。
こういう姿を見ると胸がはりさけそうです…。

下の方にいるなら、ホットカーペットをおすすめします。
うちの子もケージの底がほんわり暖かくなるので、
顔をつけて寝ていました。
ケージは底が足のところ以外は浮いていますし、
ホットカーペット自体にサーモスタットがついているので、熱くはなりませんが、
さらに別売りのサーモスタットでホットカーペットも管理していました。
背中の毛が立たなくなるまで、温度はあげていいそうです。
立っている間は、寒い…と思っていて、
ワキワキしてきたら暑過ぎるとのことです。
一日一緒にいられる日に試して、大丈夫と判断してそうしていました。
Pipiさんもおつらいと思いますが、頑張ってください…。
  1. 2013/11/24(日) 21:26:20 |
  2. URL |
  3. るるぶ #Cc4CM0pw
  4. [ 編集]

るるぶさん

コメントありがとうございます。

病鳥にちょうどいい温度まで、常に安全に上げておくのは結構大変ですね。
調べてみると皆さん色々苦労されているようです。
ホットカーペットは火事の心配がないですしいいですね。検討してみます。

今週は比較的一緒にいられる時間が長かったのですが、来週からは忙しくなります。
寝かせる前、久しぶりに出たがっていた様子なので、出したら、しばらく私の手の中でウトウトしていました。
  1. 2013/11/24(日) 22:36:28 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

ニックンの頑張っている姿、愛おしくて切なくなります。ヒロちゃんも心配そうですね。
懸命に闘病している大切な鳥を残して仕事に出かけなければならない辛さ、私も同じでした。
一緒にいられる時間は宝物ですね。
ニックンがみんなの愛情に包まれて
穏やかに過ごせますように。
餌を食べてくれるのは少し安心しますよね。
  1. 2013/11/24(日) 22:58:49 |
  2. URL |
  3. Ponpon #SnvFtGfw
  4. [ 編集]

このブログを訪れている人がみな
「奇跡」を望んでるし、信じてます!
といいつつも闘病生活は辛いものです。
わたしもニックンの姿につい
「どうして欲しい?」って問いかけてしまいます。
ヒロちゃんも心配そう・・・。
何となく不調を感づいてるのでしょうか?
ニックンがしんどくなく過ごせてますように。
  1. 2013/11/26(火) 21:18:49 |
  2. URL |
  3. よっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー