お留守番キライ

セキセイインコの写真

よいお年を…

s-CIMG2081t.jpg

2015年も残りあとわずかとなりました。


今年は、この1か月位で、ろう膜の真ん中辺が茶色になったり(ちなみに上の画像は10月に撮ったものです)、
右足の後ろの指の長い方がつかみづらくなってしまったり、ここへきて急に少し心配な症状が出てきてしまいました。
休みに入って1度病院に連れて行っておこうかとも思いましたが、本鳥がいつも通り元気なこと、
病院に行くのは絶対に嫌がることなど考えて、しばらく様子見としました。
指の方は一時よりよくなっている気がします。




カゴの隅でのおしゃべりも好き

s-CIMG2312.jpg



ガラス越しですが、陽がよく入るので日光浴

s-CIMG2309.jpg





ところで、例の「小鳥の部屋」の「命の粟穂」、28日にようやく届きました。
クリスマスには間に合わなかったけど、年内に届いて一安心。

s-CIMG2298.jpg
s-CIMG2307.jpg

粟穂の他に、腫瘍予防によいというご飯(シード)、やはり健康によいという「ライフパウダー」(乳酸菌・上の写真の白っぽい物)をサンプルとして同封して頂きました。
粟穂はたしかにこれまで見たことないほどツヤツヤしているように見えました(この写真では伝わりにくいですが)。

もちろん早速ガツガツ食べています。

ライフパウダーは飲み水に混ぜて与えてみることにしました。

溶けやすいようにかき混ぜていると、触発されて水浴びを始めてしまいました(笑)。
慌てて水を取り替えて、久しぶりの水浴びの光景を動画に撮ったので、その模様を今年の締めといたします。





以前はシャワー派で、洗面所まで飛んで行って催促していましたが、
歳を取ってあまり飛ばなくなってから、このような形になりました。

後で見返したら、「水浴び」としたものの水がほとんど映っていませんねぇ。
たっぷり入れていたのですが、カメラを取りに行っている間に盛大に浴びて減ってしまったようです。



皆様よいお年をお迎えください。


スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 16:01:21|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:8
<<おやつタイム | ホーム | 粟穂まだ…>>

コメント

Pipiさん、ヒロちゃん、こんばんは。
今年もヒロちゃんの愛らしさにとっても癒されましたv-238
命の粟穂、無事に届いて良かったですね☆
ヒロちゃん、喜んで食べてくれて、苦労して取り寄せた甲斐がありましたね。
腫瘍予防のシードやライフパウダーのサンプルが同封されていたのですね。シードの効果はすぐにはわからないでしょうが、ライフパウダーは効果がありそうですか?

水浴びをする姿、とっても可愛いですよね!
水浴び後はインコ臭も強くなって、ついつい顔を近づけて臭いをかいでしまします。

ところで上から3枚目の写真で、ヒロちゃんのおうちの向こう側に見えるインコちゃんはお人形さんですか?
すごくリアルなので、「この子は誰?」と思ってしまいました。ヒロちゃんはどう思っているのかな?
 
ろう膜など心配な面もあるかもしれませんが、ヒロちゃんが元気でいるのは何よりですよね。
2015年も本当に素敵な写真と癒しをありがとうございました!
2016年も、Pipiさん、ヒロちゃん、ご家族の皆様が
一日一日を大切に過ごされますようにv-457
  1. 2015/12/31(木) 20:57:44 |
  2. URL |
  3. Ponpon #SnvFtGfw
  4. [ 編集]

出遅れてしまい、新年明けましておめでとうございますとなってしまいました。
ヒロちゃんが心配な事があるとはいえ
元気で新年がお迎え出来てよかったです。
まだまだヒロちゃんには元気で長生きしてもらわなくてはですね。

うちは水入れが小さいのでケージで水浴びは
したことないです。
というのもまだ幼鳥の頃、餌箱にすっぽり入り込んで食べていたので、大きい水入れだと万が一溺れたらと心配になり小さいのを入れました。
それ以来、ずっとそれを使ってます。

なのでせいちゃんの水浴びはシャワー派です。
ヒロちゃんは大胆に水入れにダイブって感じですね。
そうそう、粟穂無事届いてよかったです。
年内にはなんとかなったんですね。

今年も一年、よろしくお願いします。
Pipiさん一家が良い一年でありますように。
  1. 2016/01/01(金) 15:49:55 |
  2. URL |
  3. よっさん #-
  4. [ 編集]

Ponponさん

明けましておめでとうございます!

旧年中もいつも心温まるコメント頂き、ありがとうございます。
更新頻度も低いのに、楽しみにして頂き感謝しています。

「小鳥の部屋」で同封してもらったサンプルですが、折しもヒロちゃんがこのところ、ろう膜やら右足やら、心配な症状が出て来たので、早速少しずつ試しています。
効果があればいいのですが…
ライフパウダーはヨーグルトのお菓子っぽい、結構いい匂いがします。
ただ、専門家の話を伝え聞いた限りでは、乳酸菌が鳥に効果があるとはあまり考えられていないらしいです。

水浴びは、急にやりたくなったようで、久しぶりだったので撮るのに精一杯でした。
たしかに、濡れた後って少しスパイシーな香りがしてた気がします。S&Bのカレー粉を思い起こさせるような…(←ヒロちゃんの場合です・笑)

時々写真に写っているかもしれない、飾り物のインコさんはヒロちゃんと羽色が似ているので、前に買ったものです。
本物の羽が使われているのかな…一見リアルで、雑貨屋さんやネットなどでもよく目にするものなので、Ponponさんもどこかで見られたことがあるのではないかな。
ニックンが亡くなった後に、寂しいだろうとヒロちゃんから見えるところに飾っていますが、最初のうちは怖がっていたかもしれないけど、今はまったく何とも思っていないみたいです(笑)。

Ponponさんもよいお正月を迎えられていることと思います。
今年がPonponさんをはじめご家族、インコちゃん達にとって健やかで素晴らしい一年になりますように…
  1. 2016/01/02(土) 13:13:13 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

Pipiさん、あけましておめでとうございます

ヒロくんの様子はその後、変わりませんか
うちも、セキセイが鼻こそ茶色くならないものの
時々重心が傾いて足をあげるようになってきて
医者には年だからとは言われてるのですが
発情期になると痛そうにするので
精巣腫瘍が始まってるんじゃないかと思ってて。
(鼻が茶色くならないタイプのがあるのですよね)
でもね、もし仮にそうだったとしても
私は手術を希望するわけではないから
医者に連れて行って何が変わるんだ?と思ったりしてます
嫌がることをさせるのもなーと・・・
ただ鼻が茶色くなるタイプのコは
黄体ホルモンの薬で延命できるコも中にはいるので(太るけど)
相談がてら行ってみるのもアリかもしれません
勿論Pipiさんのお考えが一番ですけれども。

粟穂、やっと届きましたか。
ちょうど2ヶ月でしょうか・・・ 長いっ(T_T)
再度送ると言ってから10日くらいでしょうかね?
うちでは至急扱いにして届くまでが丁度10日だったので
一応、至急対応にしてくれたのかな
とはいえ2ヶ月は酷いなぁ
ともあれ年内に届いてよかったです

ちなみにおまけでついてたライフパウダーを
うちの多尿気味のコの飲み水に入れて一週間与えたら
下痢して半日ほど膨羽しました(汗;
こちらの獣医も鳥に乳酸菌は必要ない、
下痢すると言ってまして、ああやっぱりなぁと・・・
けど、バードベネバックの乳酸菌やら大好きんやらを
まことしやかに使う飼い主さんが多いですね
合うコには合うのかもしれません

ああ、だらだらと長くなってすみませんでした!
今年も可愛いヒロくんをみせてくださいね
  1. 2016/01/04(月) 09:55:30 |
  2. URL |
  3. izumi #QHwcdr9.
  4. [ 編集]

よっさん

あけましておめでとうございます!

これまで幸い病気とは縁がなかったのですが、この1か月で急に心配な症状が出て来てしまいました。
10歳過ぎた頃から、なるべく一緒に過ごす時間を大事にしたいと漠然と考えてはいましたが…
でも、まだまだずっと元気でいてくれることを願っています。

せいちゃんも豪快なシャワー派ですか。
ヒロちゃんもずっとそうでだったんですよね。
ニックンはなぜかヒロちゃんの狭い水入れで浴びることにこだわっていましたが(笑)。
こういうところにも個性がありますね。

旧年中もいつもコメントありがとうございました。
私もブログは毎回拝見しているのですが、コメント失礼してしまいゴメンナサイ。
今年は時々お邪魔させてもらいますね!
  1. 2016/01/04(月) 19:49:56 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

izumiさん

あけましておめでとうございます!

ヒロちゃんの鼻の様子は、この1か月ではっきり中央が茶色っぽくなってきました。
そして右足の後ろ指2本があまり機能していないようです。
それでバランスを取るためにそちらに重心を乗せがちになるようです。

私もニックンの時に色々調べて、たしかに手術で良くなった例をいくつも載せている病院のブログを見つけ、行ってみることもちらっと頭をよぎりました。
でも冷静に考えると、弱っているところに手術を受けるのは現実的でないと気づきました。
それにHPに載せているのは成功した例だけで、成功率が書かれていないし…。
ニックンが診てもらった先生には、精巣腫瘍はオスの宿命のように言われ、あきらめるよりないような感じでした。

そういうこともあり、私もizumiさんと同じ考えです。
なるべくヒロちゃんの嫌がることはせず、望む(であろう)通りにしてあげたいと思います。
ニックンの時は、鼻の色が変わってから、命に関わる症状が現れるまで、3年ぐらいだったようです。
それぐらい長い経過のこともあるようなので、心配し過ぎず、でも一緒の時間を大切にして過ごしたいと思います。
病院へは折を見て行ってみるかもしれません。幸い最近暖かいですし。

ライフパウダーのことなど、izumiさんのお話、色々参考になります。
今のところ、ライフパウダーがヒロちゃんにいいか悪いかわかりません。
人間でもヨーグルトはいいという人もいれば、合わない人もいるし、また菌の種類にもよっても違うようですものね。
腸内フローラが大事というのはそうなんでしょうけれど…

それでは今年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2016/01/04(月) 21:30:22 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

再びこんにちは

>手術で良くなった例をいくつも載せている病院のブログ

はい、わかります
仰るようにそうなんです、成功例しか載せてないので
あたかも、ここで手術してもらえば
治るような気になっちゃいますよね・・・

昔、こちらの病院に勤めていた獣医さんが
別のところで開業していて、
友達がその獣医さんに尋ねたら
その病院の手術の成功率は60%
予後1年の生存率は25%だと話していたと・・・
100例やって15羽というところでしょうか

小鳥の医学が進んでない今
この数字を高いと思うのか低いと思うのかはさまざまですが
予後が悪いなぁと私は思いました
それでも放っておけば致死率が高いのであれば
手術をと決断する飼い主さんの気持ちも分からなくはないですが
自分の知っている鳥友さんのうち、あそこで手術をした3人全員
手術がうまくいかなくて鳥さんを亡くしているので
かなり厳しいなと実感しています
もっとも皆さん、もうダメだとなってから手術をするので
余計に成功への道は遠いのかもしれませんが・・・
手術の成功率が低いなら
痛みをとるようなホスピス医療を
もっと進めてほしいなぁと思ってます

長々とすみません
  1. 2016/01/05(火) 09:58:49 |
  2. URL |
  3. izumi #QHwcdr9.
  4. [ 編集]

izumiさん

こんばんは!
お返事が遅くなってしまい、すみません。

izumiさんはトリ事情に色々と情報通のご様子なので、大変参考になります。

医学が進歩したといってもまだ治せない病気は人間でもありますし、まして鳥ですものね。

> もうダメだとなってから手術をするので
> 余計に成功への道は遠いのかもしれませんが・・・

そうですね。。だからといって元気なうちにリスクのある手術はできないし…難しいですね。

ニックンの闘病は約1か月位だったと思いますが、それでも長すぎてかわいそうでした。
最後の最後まで、なるべく苦痛がなく、できることならいつも通り元気で過ごしているのが理想のように思います。
  1. 2016/02/04(木) 22:25:40 |
  2. URL |
  3. Pipi #klcj.0UQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事+コメント

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー