お留守番キライ

セキセイインコの写真

入院6、7日目/ジョビ子の訪問他

入院6、7日目のヒロちゃんは、

・体重42g。強制給餌なし。注射なし

元気にしているということです。

というわけで、明日の退院が決まりました!


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

先月の半ばに、ちょっと変わった鳥がベランダにやって来ました。
ガラス越しに何とか写真を撮って、野鳥に詳しい妹にきくと、即座に「ジョウビタキのメス」との返事。
ジョビ子と呼ばれたりするようですね。

20161117.jpg





それから10日余り経ち、ヒロちゃんが体調を崩してプラケースで療養している時、またあのジョビ子がやって来ました。
そしてなんと、ガラスに突進して、家の中に入ろうとするのです。何度も…

20161129.jpg

ジョビ子に訊いてみないとわかりませんが、一体あれはどういうつもりだったんでしょうか。
ヒロちゃん目当てだったら、さすがモテインコ(笑)。

ジョビ子の話は、ヒロちゃんが入院という事態になってしまったので、今頃になってしまいましたが、なかなか可愛い野鳥ですよね。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

鳥と言えば、鳥インフルエンザウイルスが見つかった所では、養鶏が何十万羽も処分されたようですね。
ほとんどが感染していない健康な鳥だったでしょうから、仕方がないのかもしれませんが複雑な気持ちです。
自分も鶏の命を頂いている以上…

少し前に、「NNNドキュメント」という深夜の番組で食肉加工の仕事をしている人の話をやっているのをたまたま見ました。
ああいうのを見ると、その直後は肉を食べる気にならなくなりますが、少しすると忘れてしまうものです。

かなり重い話になってしまいました。

明日の夜は「マツコの知らない世界」に「しゃべる鳥」が出てくるようですね。
http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=24863




  1. 2016/12/05(月) 22:00:01|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:1

入院4日目、5日目

入院4日目のヒロちゃん

・体重43、44g。強制給餌1回。
・調子は上向き。


入院5日目のヒロちゃん

・体重42g。強制給餌なし
1日2回の注射をやめても大丈夫なら退院できそう。

というわけで、自力でご飯を食べられるようになりました!


私もこのところやや体調が悪く、昨日今日と食欲もありませんでした。
仕事と忘年会があったので、ちょっときつかったー

ヒロちゃんはもっと大変なのに頑張っているのです。

退院の頃には私の方もすっきり治っているよう気をつけます。


※コメントは大変ありがたく拝見しています。




  1. 2016/12/03(土) 21:20:04|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:2

入院3日目

忘備録と報告を兼ねて。
※昨日のタイトルを「入院1日目」としていましたが、入院したのがおとといのことなので訂正しました。


今日のヒロちゃんの様子。

・体重43g
・少しずつ餌をついばみ始めたので、強制給餌は減らしている
・来院時は尿(尿酸?)が黄色いと指摘されていたが、正常になった

というわけで、良くなってきているそうです。




  1. 2016/12/01(木) 17:52:34|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:3

入院2日目

入院中は16~19時の間に電話をすれば毎日様子を教えてもらえます。

今日のヒロちゃんは…

・まだ食欲がなく食べられない。強制給餌で体重は42~3gを維持。

・レントゲンによると、中毒症状ではなさそう。詳しいことは来院時に画像で説明するとのこと。

・肥満

・現在薬で治療している

以上です。


おデブの食欲不振なら、人間ならしばらく食べなければいいと思いますが、鳥の場合はそうはいかず、1日でも食べないとかなり衰弱したり、場合によっては致命的なのですよね。
それゆえの入院ともいえます。
食欲が出て自力で食べられるようになれば、V字回復しそうです。これまでの経験やお友達インコさんの例によると。

ただ、肥満をまた指摘されてしまったので、もしかしたらレントゲンで肝臓のことなどまた言われるかもしれません(前回肝臓が大きくなっているとのことでした)。

まあ、まずダイエットの前に、ちゃんと食べられるようにならないとですね。


※早速コメントを頂きありがとうございます。暖かい応援のお言葉、嬉しく拝見しています。
なるべく様子はお伝えしていきたいと思いますが、あまり時間が取れないこともあり、ヒロちゃんが良くなるまで、お返事の方は失礼させて頂くかもしれません。




  1. 2016/11/30(水) 22:21:07|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:0

緊急入院

日曜夜から突然体調を崩し、吐き戻し。
以前のオスの発情時のにも似ていましたが(餌の粒がまとまって出て来たので)、苦しそうでもあり、首を横に振ってまき散らしてもいました。
あまりこういう経験がなくオロオロ…

数時間前までおやつをねだってカゴの入り口をガタンガタンやっていたほど元気だったのです。
いつもはすぐに完食するところ、残したので珍しいなぁとは思っていましたが。

一時的なもので翌日回復していればいいなと思っていました。


翌々日の今日になってほとんど食べなくなってしまい(昨日は2gぐらいは食べた)、ちょうど休みだったので、病院に連れて行くことにしました。

寒さに気をつけなければと思い、プラケースを保冷バッグに入れ、底にホカロンを貼りました。

しかし通院は嫌なものですね…
心配で飼い主も気分がすぐれなくなります。。


先生がパッと見た感じでは、今年の夏に具合が悪くなった時と同じように見えるとのことでした。
今日はフンがほとんど出ていなかったのですが、わずかに底についていたのをこそげ取って顕微鏡で検査してみると、お腹を壊している状態でしょうとのこと。
食欲がないはずです。

重症の部類に入るとのことで、「入院を勧めますが、どうしますか?」と。

家に連れ帰っても治るかわからないし、寒い中の通院は大変なので、今回は迷うことなく、入院に決めました。

今年の夏入院して良くなったというのもあって、お任せすれば安心とも思いました。

しかし、入院に際しての説明をスタッフから聞いた時(夏の時と同じ内容でしたが)、ふと思いました。
万が一、容態が悪くなり最悪な事態になったとしたら、先ほど診察室で、「よろしくお願いします」と先生に言って、ヒロちゃんには何も声を掛けずに出て来てしまって、それが最後になってしまったら後悔するなぁと。
「自分で看取りたい人には入院はお勧めしません」という文言が入院時の説明にあり、そこがちょっと引っかかってしまったのです。

まだ比較的元気な状態で連れて行ったので、大丈夫だろうとは思いますが…
歳も歳だし、色々考えてしまうと憂鬱な帰り道でした。

他にも載せようと思っていた写真や、書きたいことなどあったのですが、長くなったのでまたにします。




  1. 2016/11/29(火) 23:23:36|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:2

虎穴に入らず

s-CIMG2874.jpg

おやつが出てくるのをひたすら待つヒロちゃん





フォージングというのを割と最近知り、
大好きな粟穂をトイレットペーパー(ヒロちゃん用)の芯の中に隠してみました。

s-CIMG2862t.jpg





気づいているのか…?

s-CIMG2864.jpg





気づいていないのか…?

s-CIMG2869t.jpg





どうも自分から取りに行くなんて、もってのほかのようです。

ひたすら待つ…

s-CIMG2873.jpg





意外と根気強いです。

飼い主粘り負け。





食べてる写真はほとんどがブレブレ…(笑)

s-CIMG2875.jpg

s-CIMG2879.jpg




  1. 2016/11/02(水) 22:41:33|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:4

その後

その後、元気に過ごしています。

s-CIMG2747.jpg


ちょっと顔のツンツンが目立ちますが…

s-CIMG2746t.jpg



ご機嫌でよくしゃべったり、時々ハイテンションで首振って踊ったりしていますよ♪

s-CIMG2745t.jpg


食欲も元通り…
体重も43gに…(これ以上増えたらマズイ…)

s-CIMG2736.jpg


お陰様で元通り元気になったので良かったのですが、
一応その後、通院するつもりではいたんです。
正確にいうと…途中まではヒロちゃんを連れて出掛けたのです。
まだ暑い盛りでした。
駅に着くと、少し人だかりができていて、嫌な予感が…
皆、電光掲示板を見上げています。
電車が人身事故でストップしていたのでした。
運転再開まで約1時間の見込みとのことで、結局診察の予約はキャンセルして帰って来ました。

それからなかなか行く時間がなかったのと、ヒロちゃんの調子も良かったので、それっきりとなっています。

たまにこういうことがあるのは困ったことですが、途中まで電車で行ったところで止まってしまった日にはもっと大変なので、まだマシだったと思うよりありません。


鳥も人間もですが、健康第一とあらためて感じたこの夏でした。




  1. 2016/09/15(木) 00:17:39|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:6

小鳥の医療費/オリジナルバッグ

s-CIMG2714.jpg


1週間ほど前に病院に診せに行きましたが、経過良好とのこと。
プラケース生活から、キャリーのカゴに移りました。
いつものカゴはもうちょっと我慢かな。
弱い薬にするそうです。
次は2週間後。



今回の入院や通院でかかった費用についてメモ。

入院費は1日につき3,000円。ヒロちゃんは7日入院しました。(21,000円)
プラス、最初の3日間は500円の深夜管理がかかりました。(1,500円)
強制給餌、注射、投薬の費用は入院費に含まれています。
特殊な処置や検査は別途で、ヒロちゃんはレントゲン代が5,000円かかりました。
これに退院後10日分の薬(2,000円)との合計+消費税で、退院時の支払いは31,860円でした。


通院は、再診料800円、便検査300円、薬(15日分)2,700円で、消費税を入れて4,104円でした(一例として直近の分)。


腕も評判もいい鳥専門のお医者さんですが、料金は良心的のように思います。

とはいえ、長くなれば出費はかさみますが。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

少し前にネットでたまたま見つけて、写真入りトートバッグを注文しました。
好きな写真で作ってもらえます。

imgrc0069288388.jpg



カラーやサイズ等色々選べました。
ミニトートバッグで作ってもらいましたが、結構プリントがきれいで、生地もしっかりしています。
なかなか使いやすくて、夏の必需品であるカーディガンや折りたたみ日傘など入れて持ち歩くのに便利
(写真は500mlペットボトルが入っています)。1,500円(送料込)。

s-DSCF0241.jpg

ちなみに写真は、以前雑誌で「モテインコ」と紹介された時のものです(笑)。

みな我が子が一番可愛いに決まっていますが、
もしも上と同じ物が欲しいという奇特な方がいらしたら、
オリジナル画像をお送りしますのでおっしゃってくださいね。










  1. 2016/08/14(日) 22:42:56|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:8

今回思い当たること(餌について)

退院後1週間余り経ちましたが、お陰様でまあまあ順調のようです。
体重はその後36gと減った状態を維持しています。
ヒロちゃんの場合、40g以下が望ましく、また34gを切ったら連絡するように言われていました。
フンもほぼ普通に戻ったと思います。



s-CIMG2684.jpg



今回は病気というより調子を崩した感じで、具体的な症状は、腸にガスが溜まっている状態でした。
退院時に、病院のスタッフの方からレントゲンを見せてもらいましたが、素人ではどれが腸でどれがガスかはわかりませんでした。
でも「これでは苦しかったでしょう」と言っていたので、それで食欲もなかったのでしょう。
鳥は普通はガスが溜まらないし、したがってオナラもしない(できない)のだそうです。

そうなった原因はわからないようですが、症状から何か悪い物を食べたのではと言われました。



s-CIMG2679.jpg



原因として、思い当たるのが、最近与えた餌のことです。
アメリカから無農薬シードを取り寄せたのですが(5月)、虫がわくかもしれないとのことだったので、まず数日間冷凍しました。
解凍時に結露からカビやすいらしく、あらかじめ1/4ずつジップロックに小分けにして、使う分だけを解凍し、後は冷凍庫に入れっぱなしにしていました。
その一袋目を食べ終え、二袋目を解凍して与えた頃(7月初め頃)から食いつきが悪くなった気がします。

病院の先生によると、餌(シード)は冷凍はしてはいけないそうです
上に書いた結露(→カビ)のこともあるし、種が死ぬので、栄養や風味が損なわれるのかもしれません。
何でそれに気づかなかったのだろう?と思いました。
冷凍については、質問系のサイトで勧めている人がいて、それがいいんだと信じてしまったのは軽率でした。


ちなみに、もしも虫が湧いても、インコには無害だそうです。人間が気持ち悪いと思うだけで。
野生では昆虫も食べますし。
もちろんあえて与えることはないでしょうが。

餌を購入した「小鳥の部屋」では虫予防に数日の冷凍を推めていました。
それくらいなら問題ないのかもしれません。
私は5月に餌が届いてから、2カ月近くも冷凍してしまいました(最初に与えた1/4以外)。
というわけで、残りは廃棄しました。捨てる方がずっと多くなり、もったいなく心苦しいですが。



今回は退院前に、以前からよく買っているCAP!の国産無農薬シードを用意しました。

もっとも、病院の先生よれば、無農薬であるとか、産地とかは気にしなくていいとのこと(この辺は飼い主のこだわりですね)。

結局廃棄したシードは品種も厳選されたもので、さらにハーブやその他色々良さそうな物が混ざっていました。

しかし先生によれば、何かが良くない(合わない)可能性があるので、ひえ・あわ・きび・カナリーシードだけのシンプルな餌の方がかえって良いとのことでした。



s-CIMG2677.jpg



入院費用などについては、明日通院なので、一区切りついてからまとめようかなと思います。




  1. 2016/08/07(日) 02:15:15|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:4

静養中

退院したものの、しばらくはプラケースで安静に、との指示があり、こんな感じで過ごしています。

s-DSCF0211t.jpg

止まり木もダメとのことで、薬の入れ物に止まっていることが多いですね。

フンが目立ちますが(^_^;これが一時はほとんど出なかったり、出ても普通ではなく、それが一番顕著な症状だったので、こうして正常にたくさんしてくれて(笑)ホッとしています。
しっかり食べているという証拠でもあります。
(ただ、ヒロちゃんは太りやすいので気をつけないとね)

そうそう、退院時は痩せていてびっくりしたのですが、どうも緊張していたようで、より細く見えたようでした。
昨日は38g、今日は39gでした。


看護中は、

・毎日体重のチェック
・投薬(水に混ぜる)

などの他に、

・声を掛けたり、じっと見たりしない

と注意書きにありました。
これがなかなかできなくて、ついつい様子が気になって見ちゃいます。

s-DSCF0192t.jpg


視野が広いのですぐ気づかれる…

s-DSCF0193t.jpg


ヒロちゃんの方からも人を呼びつけるし…
「寝る時間」(=「布をかけて欲しい」)とか、ヒロちゃんはとても正確なので、病院でも要求していたのではないかとふと思ったり…(^_^;)

どんな感じの入院生活だったか、語ってはくれないので想像できませんが、スタッフの方からは「いい子だった」と言ってもらえました(笑)。
隣の鳥さんに対してもケース越しに多少交流していたそうです。
あまり他の鳥には社交的ではないと思ってたので意外でしたが。


今回具合が悪くなった原因などわかっていないのですが、具体的な症状についてや、思い当たる可能性など、次回にでもまとめたいと思います。
(またお返事も少々お待ち頂ければと思います<(_ _)>)




  1. 2016/07/31(日) 01:01:24|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

最近の記事+コメント

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー