お留守番キライ

セキセイインコの写真

明日退院かも

明日退院となりそうです。

夕方電話して、強制給餌、注射ともになしで、37gとのこと。
本当はもう少し様子を見た方が安心のようですが、たまたま明日、仕事の後に病院に寄ると都合が良いので(同じ路線なので)、一応明日の予約を取りました。
ただ、念のため、明日の午前中に問い合わせた上で決めます。
プラケースとカイロ、そして諭吉さん4枚位(?)、忘れずに持って行かないと!
私の喉風邪はまだ治っていませんが、まあ大丈夫そうです。




  1. 2017/11/17(金) 23:05:32|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:3

入院中の経過11/12~15

11/12
朝の体重は37g。
朝は強制給餌と注射を1回ずつ、夕は注射のみの予定。
少し元気になり動いているとのこと。良くなっているがもうしばらく様子を見る。


11/13
朝の体重は36g。
強制給餌なし、注射2回。
今後は注射をやめてみて大丈夫なら帰宅という流れ。


11/14
朝36g、夕方39g。
注射2回(?)。順調。注射なしで良ければ退院かな。


11/15
朝38g。
注射1回で様子を見る。


という具合で、着実によくなっているようです。
それとともに、着実に、体重も増えていますね(^^;
病院でこれだから、先生やスタッフの方も、太りやすい鳥だと思っているかもね。
これまで何度か太っていることを注意されてきた飼い主としては、ニヤリとしてしまう数字です。
まあ体調が安定するまでダイエットはしないのかもしれませんが。

注射なしで大丈夫なら、退院という運びのようです。
なのでもうちょっとかかるかな。

前にも書いたように、毎日17~19の間に電話で問い合わせると様子を教えてもらえるのですが、世話してくださるスタッフの方は3人位いるのかな(院長先生の他に)。
丁寧に見て頂いている感じです。



約1か月前の写真。

s-CIMG3716.jpg


相棒のブランコ。
かつては乗るものだったが、ここ数年は頭をかいたり、話しかけたり、時に八つ当たりをする相手に。

s-CIMG3732.jpg



具合が悪くなる少し前に、そろそろ1月分溜まってきたからまとめてアップしようと思っていたのです。

新居へのお引越しなどもあったし…

経過のご報告ついでに、少しずつ載せます。



ところで、油断をしていたら、飼い主の喉の調子が…(>_<)
風邪でも引いたら迎えに行けないので、体調を良くしておかなければ。
というわけで早く寝ます。
寒くなって来たので皆様もお気をつけください。



  1. 2017/11/15(水) 22:40:53|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:2

経過

今週から来週にかけて飼い主がとても忙しく、頂いたコメントへのお返事を失礼していますが、経過をご報告します。


9日(木) 診察→入院

前回書いたように、糞の検査から急性膵炎かもしれないとのこと。
ただ、血液検査は負担が大きい上、それで必ずしも確定できないとのことで、病名は推定です。
丁寧な触診や、後に撮ったレントゲンでは特に問題はないようです。

具合が悪くなってから、食べフリだけで実際食べていなかったようで、体重は33gを切るという、これまで最低の数字まで落ちていました。
診察直後、プラケースに戻すと、ガツガツと餌を食べているフリをして、「こんなに元気なんだから早く帰りたい!」アピールをしていました。
私なんかは騙されちゃうんですが、先生は「全然食べてませんよ。口から落としている」とさすがに騙されません。
捕食される動物って具合が悪い時ほどこういう習性があるんですね。
ただヒロちゃんの場合、家ではボレー粉をやたら食べていて(もちろんこれもフリですが)、さすがに変だと思っていました。


10日(金)、11(土) 入院中

17~19時に電話をすると毎日様子を教えてくれます。両日とも電話して容態を聞くことができました。

体重35~36g。自分でも餌を食べているが、強制給餌と注射はまだ必要。
改善傾向にある。


というわけで、ヒロちゃん頑張っているようです。

膵炎というのは、膵臓が今一つ何をしているのか実感しにくい臓器なので、先生の書いたバイブル的な「コンパニオンバードの病気百科」やネットで調べてみました。人間の場合も共通しているようです。
色んな病気があるものだなと思います。年取るとリスクも増えるのでしょう。

助かる見込みの低い病気なら入院させなかったと思いますが、今回も「重症」のうちに入るものの、治療で治るとみられているようなので、お任せすることにしました。

また随時報告いたします。




  1. 2017/11/11(土) 23:16:48|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:4

急性膵炎の疑い

6日の夕方頃から突然体調を崩しました(食欲減退、膨羽、嗜眠)。
9日に病院に連れて行き、勧められるまま入院となりました。
糞便検査から急性膵炎かもしれないとのこと。
顕微鏡で見ると、たしかに油が多い…ということは、脂肪を吸収できていないらしいです。
治る可能性は十分あるようなので、どうか頑張って元気に帰って来て欲しいです。


5日前のヒロちゃん。この頃は普通に元気だったんですよ。

s-CIMG3847.jpg




  1. 2017/11/10(金) 01:05:16|
  2. ヒロちゃん
  3. | コメント:2

カキカキ三昧

先日預かっていたはるかちゃん。

s-CIMG3697.jpg

足が不自由なために、自分で羽繕いが十分にできないからか、掻いてもらうのが大好き(まおちゃんも)。


その様子を撮るのは難しいので、母が珍しく掻いてやっていたところを撮りました。

s-CIMG3681.jpg

s-CIMG3682.jpg

s-CIMG3687.jpg

s-CIMG3685.jpg

はるかちゃんは、生まれつき足の奇形の他に、羽根も十分に生えそろっていないので、ヒナみたいな感じでもあります。もう11歳なのに(笑)。
性格は、とにかく食いしん坊で挙動が面白いです^^

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ところで、急に冷え込んだりまた夏日になったりという今日この頃なので、ヒロちゃんの防寒対策をそろそろ考えなければ。
もう小さなペットヒーターは取り付けました。

1 今のケージに防寒対策をする(ビニール等で覆う)
2 サンコー イージーホーム クリアバード35(前後面がプラスチックのケージ)に替える
3 サンコー ルーミィーに替える

この3つで思案中…



  1. 2017/10/10(火) 00:15:21|
  2. 妹のインコ
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

Pipi

Author:Pipi
〔右〕ヒロちゃん(本名ヒロシ)
オパーリン・グリーン ♂
2005年春生まれ
温厚だが律儀な性格。
独身なのに子育て経験あり(ニックンの育ての親でもあり)。
「セキセイインコが走って来る来る」の動画で一躍有名(?)なメタボ・インコに。

〔左〕ニックン(本名Nick)
黄色ハルクイン ♂
2006年2月1日に妹の所で生まれ、一度里子に出されるも、事情により出戻り、うちで引き取ることに。
シードカップ等に仰向けに寝るのが好き。
2013年12月1日永眠。

いくつになったの(ヒロちゃん)

*script by KT*

カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー